Zusaarソーシャルイベントプラットフォーム

APIリファレンス


Zusaarでは以下のとおりAPIを提供しています。

イベントサーチAPI


  • リクエストURL http://www.zusaar.com/api/event/

検索クエリ

パラメータ項目名説明複数指定(※1)
event_id イベントID イベント毎に割り当てられたIDで検索します。 URLがhttp://www.zusaar.com/event/xxxxxのイベントの場合、イベントIDはxxxxxになります。
keyword キーワード(AND) イベントのタイトル、キャッチ、概要、住所の中から自動で選択したキーワードをAND条件で検索します。文字コードはUTF8。 全文検索ではありません。
keyword_or キーワード(OR) イベントのタイトル、キャッチ、概要、住所の中から自動で選択したキーワードをOR条件で検索します。文字コードはUTF8。 全文検索ではありません。
ym イベント開催年月 指定した年月に開催されているイベントを検索します。 yyyymm
(例)201103
ymd イベント開催年月日 指定した年月日に開催されているイベントを検索します。 yyyymmdd
(例)20110314
user_id 参加者のユーザID 指定したユーザIDのユーザが参加しているイベントを検索します。 URLがhttp://www.zusaar.com/user/xxxxxの場合、ユーザIDはxxxxxになります。
nickname 参加者のニックネーム 指定したニックネームのユーザが参加しているイベントを検索します。文字コードはUTF。
owner_id 主催者のユーザID 指定したユーザIDのユーザが主催しているイベントを検索します。
owner_nickname 主催者のニックネーム 指定したニックネームのユーザが主催しているイベントを検索します。文字コードはUTF。
start 検索の開始位置 検索結果の何件目から出力するかを指定します。 初期値:1
count 取得件数 検索結果の最大出力データ数を指定します。 初期値:10、最小値:1、最大値:100
format
new!
レスポンス形式 レスポンスの形式を指定します。 json(デフォルト)、jsonp(callback=xxxでfunction名を指定できます。)

※1 パラメータを複数指定する場合
name=value1&name=value2&...またはname=value1,value2...


レスポンス

フィールド説明
results_returned 含まれる検索結果の件数 1
results_start 検索の開始位置 1
event [複数要素]
event_id イベントID agZ6dXNhYXJyDAsSBUV2ZW50GKEfDA
title タイトル GoogleAppEngine勉強会
catch キャッチ BigTableを使いこなそう!
description 概要 Google App Engine (Python/Java)の勉強会です。利用者同士で実践的ノウハウを共有しましょう!
event_url Zusaar上のURL http://www.zusaar.com/event/agZ6dXNhYXJyDAsSBUV2ZW50GKEfDA
started_at イベント開催日時 2011-04-10T19:00:00+09:00
ended_at イベント終了日時 2011-04-10T21:00:00+09:00
pay_type 無料/有料イベント 0:無料イベント
1:有料イベント(会場払い)
2:有料イベント(前払い)
url 参考URL http://groups.google.com/group/google-app-engine-japan
limit 定員 80
address 開催場所 東京都港区六本木6-10-1
place 開催会場 六本木ヒルズ会議室
lat 開催会場の緯度 35.660262
lon 開催会場の経度 139.729548
owner_id 主催者のID agZ6dXNhYXJyFQsSBFVzZXIiCzE0NTY2NTI3X3R3DA
owner_profile_url
new!
主催者のプロフィールURL http://twitter.com/knj77
owner_nickname 主催者のニックネーム knj77
accepted 参加者 80
waiting 補欠者 12
updated_at 更新日時 2011-03-04T10:56:17Z

出欠確認API


  • リクエストURL http://www.zusaar.com/api/event/user/

検索クエリ

パラメータ項目名説明複数指定(※1)
event_id イベントID イベント毎に割り当てられた番号で検索します。
user_id 参加者のユーザID 指定したユーザIDのユーザが参加しているイベントを検索します。 URLがhttp://www.zusaar.com/user/xxxxxの場合、ユーザIDはxxxxxになります。 
nickname 参加者のニックネーム 指定したニックネームのユーザが参加しているイベントを検索します。文字コードはUTF。
owner_id 主催者のユーザID 指定したユーザIDのユーザが主催しているイベントを検索します。
owner_nickname 主催者のニックネーム 指定したニックネームのユーザが主催しているイベントを検索します。文字コードはUTF。
start 検索の開始位置 検索結果の何件目から出力するかを指定します。 初期値:1
count 取得件数 検索結果の最大出力データ数を指定します。 初期値:10、最小値:1、最大値:100
format
new!
レスポンス形式 レスポンスの形式を指定します。 json(デフォルト)、jsonp(callback=xxxでfunction名を指定できます。)

※1 パラメータを複数指定する場合
name=value1&name=value2&...またはname=value1,value2...


レスポンス

フィールド説明
results_returned 含まれる検索結果の件数 1
results_start 検索の開始位置 1
event [複数要素]
event_id イベントID agZ6dXNhYXJyDAsSBUV2ZW50GKEfDA
title タイトル GoogleAppEngine勉強会
event_url Zusaar上のURL http://www.zusaar.com/event/agZ6dXNhYXJyDAsSBUV2ZW50GKEfDA
pay_type 無料/有料イベント 0:無料イベント
  1:有料イベント(会場払い)
2:有料イベント(前払い)
limit 定員 80
accepted 参加者 80
waiting 補欠者 12
updated_at 更新日時 2011-04-01T09:56:20Z
users [複数要素]
user_id 参加者のユーザID agZ6dXNhYXJyFQsSBFVzZXIiCzE0NTY2NTI3X3R3DA
profile_url
new!
参加者のプロフィールURL http://twitter.com/knj77
nickname 参加者のニックネーム knj77
status 参加者のステータス 1:出席、0:キャンセル待ち