クレジットカード現金化の危険or安全が知りたい

クレジットカード現金化の個人情報は安全ではない

回答:他の用途に使用される可能性があり危険です

どこのショップや店舗も個人情報の取り扱いについて法律遵守で但し書きをされて厳重に保護しますと謳ってます。 しかしクレジットカード現金化の危険な部分としては個人情報が、他の金融会社のセールス電話やDMハガキ、出会い系サイトの迷惑メールなどに使用される可能性はゼロではありません。 個人情報が他社に転売されたとして起こり得る被害としては、メールやハガキや電話でのセールスになります。 このような個人情報の転売をしているのは一部の業者で、クレジットカード現金化で長く営業しているところは安全ではありますが、短い期間で潰れる業者はその後お金にするのに転売してしまうのでしょう。 ある業者を利用して半年くらい経ったころから融資の勧誘の電話が鳴るようになったということもあります。

知らない間にカードを勝手に使われたり高額請求されないか?

回答:勝手に不正利用されることはありません

理屈ではクレジットカードの不正利用が可能かどうかというと、業者によっては出来てしまうこともあり得ます。 しかし、不正利用というのは後でクレジットカード会社に伝えることで無効にして貰えるようになっているで、何十万も勝手に不当請求される事態には陥りません。 また、業者もすぐバレて警察に捕まるような不正利用をしてもお金の得がないので、物理的にチャンスがあったとしてもクレジットカード現金化で取り返しのつかない危険を犯すようなことはあり得ません。 またカードの16桁の番号や暗証番号を悪意ある他人に流出させるのではないかという心配もあるかと思いますが、故意に業者がやっても警察に逮捕されてしまうのが怖いのでやりません。 不正利用という点でクレジットカード現金化は安全とは言えませんが、危険なことを敢えてする人もいないので、実際に高額請求されたという話は聞いたことがないです。

換金したお金がきちんと振り込まれるか心配

回答:間違いなく振り込まれます

詳しい話は下記のページで解説させて頂いてますが、きちんと問題なく振り込まれる理由は、上記の質問と一緒で警察が怖いからです。 数万円を騙すくらいで事業をつぶして実刑判決を喰らうのは、メリットがないので苦情がお客様から出ないように対応するのがクレジットカード現金化なのでこの点は安心です。

参照: 振り込まれない詐欺は2018年現在ではない

クレジットカードが利用停止になる噂を聞くが?

回答:場合によっては利用停止になります

クレジットカード現金化の危険な一番の理由が規約違反なので突然ですが利用停止になる恐れがあることです。 換金目的に使用は出来ないことになっています。 万が一にも利用停止になると、「即日解除」「数か月後に解除」「番号が異なるカードに発行しなおし」「提携解除で終了」のどれになるかは場合によって異なるようです。 提携解除で一括請求が怖いというクレジットカード現金化の危険を言っている人が多いですが、実際に一括請求された話は聞いたことはないです。

突然利用停止になる可能性の原因の一番は、「悪質な業者選び」になります。 クレジットカード現金化は決裁ルートを審査が甘い海外のを使ってたり何十個も持ってたりしますが、危険な決済ルートや高額商品で慣れてない業者が下手を打つこともあるようです。 対策としては、多くの人が頻繁に使っているところは場数を踏んでいるので情報を沢山持っているので有名店を選ぶのがクレジットカード現金化としては安全です。

警察にクレジットカード現金化で捕まる危険性は?

回答:過去に捕まった人の話はありません

業者が逮捕された話はよくありますが、利用した人が詐欺罪で捕まったという話はないようです。 クレジットカード現金化が安全とは言い切れませんが2018年現在は裁判での判例がないので、換金目的であっても警察沙汰までになることはないようです。 クレジットカード現金化の危険な部分は利用規約に反する内容ということで、これが刑事事件になるかどうかが微妙です。 法的に間違ったことではありますので自己責任の上での利用になります。

参考:カード現金化、出資法違反容疑で初摘発|日本経済新聞

勤め先の会社にバレる?

回答:バレることはありません

消費者金融は返済できなくなると勤め先に連絡することもありますが、クレジットカード現金化はその点は安全で督促することはないです。 返済先は業者ではなくカード会社なので、申込して振込が完了すればそれで双方の関係は終了です。 会社までお金を回収にくるとか、後日もう一度利用して欲しいから勤め先に電話するということもありません。

クレジットカード現金化では安全なのは、セールス等は基本的にメールになります。 利用した方にメールマガジンのような配信を希望者にするだけで、直接電話したりDMハガキを自宅に送るようなことも普通はありません。 質の悪い悪徳業者だと直接電話での強引なセールスがあるようですが、それでも第三者に気付かれないように配慮は最低限するようです。

クレジットカード現金化詐欺の口コミ

このページの先頭へ