振り込まれないという詐欺やクレームは優良店ではほぼない

運営を丁寧に親切に行っているサービスが多い
クレジットカード現金化を初めて利用される方はシステムに対して不安や心配がある方が非常に多いようです。 振り込まれないのではないのか、騙されているのではないのかという危険なイメージが強くあるようです。 しかし、一度流れや利便性がわかってしまうと何度も繰り返し活用されるリピーターとなる可能性は高いです。 特に主婦や学生の方、アルバイトやパートの方で定期的に申込みされています。 理由としてお客様が想像している以上にこの業界は詐欺を行う悪徳業者が少ないという事が挙げられます。 大手法人が運営していたり、名前を変えて提携しているパターンも多くサービスがしっかりしている所も存在します。 話題として新聞やニュースには悪いこととして取り上げられることもあるので潜在意識の中で危険性が芽生えているお客様もいます。 しかし、システムの流れなどを把握し納得されて利用されているのでクレームなどは少ないです。 また予定日になっても振り込まれないという心配されるケースはあまり業界内でも話題になることはありません。 それは、なぜならそのような事を行うと、会社側はすぐに営業停止どころか警察に逮捕されてしまうからです。

振り込まれないリスクはクレジットカード現金化では低い

還元率や対応の悪さなどが挙げられることはある
しかしシステム自体にお客様がクレームを入れることはほぼありません。 なぜなら契約前に説明を受け不満がある場合はその時点で利用していないからです。 またクレジットカード現金化の業者に申し込みをしても本人確認が間違いなく取れなければ即日では利用する事はできません。 ですから最初に電話でオペレーターとのやり取りは必ずありますのでその際に還元率や銀行への振込日の説明などが行われます。 逆に言えば会社側もしっかりと本人確認できる写真付きの身分証明が公表できない得体のしれない相手には回収できなく損をするので入金はしません。 その面で意思の疎通というかお互いが納得し安心できるベストの方法になっているのです。 稀にクレジットカード現金化で買い物をした商品が宅急便で届いてみたら想像したイメージと大きく違ったりします。 このように換金性で価値がないものなので危険などの根拠のない説明があります。 しかし、よくある詐欺として1円も振り込まれないということではないので利用されているお客様はその点は解った上ですのであまり問題とはならないようです。

優良店では振り込まれないというケースはほぼありません

そのようなクレームはほぼありません
クレジットカード現金化の業者で多いクレームとしては、やはりショッピング枠の還元率が公式ホームページで現実とは異なるという事なのではないでしょうか。 ほとんどのお客様が最高キャッシュバック率という数字を見て是非を判断しています。 そうなると95%などという場合もありますが、それは申込金額が桁違いに大きいケースです。 通常の10万円未満の場合はよくて80%という相場の数字になっています。 それを理解していないと危険で騙されたという感じになってしまう事は多いようです。 ただし、インターネットでGoogleでキーワード検索してよく名前を見るような知名度の高い会社のところは振り込まれないという本当の口コミはほぼないと言っていいでしょう。 またお客様がお持ちの銀行の口座によってはタイミングが間に合わなく当日振込が希望時間までできない事があります。 詐欺とは別にお急ぎのお客様はそのような点で隠れた不満のクレームを抱えている初心者の方もいらっしゃいます。 平日の場合は銀行で入金ができる時間、クレジットカード現金化では少なくても午前中か14時までには申し込みをしておくと即日の対応も可能になります。

グレーゾーンに存在するクレジットカード現金化

運営しているのは大手商社の場合もある
このビジネスモデルは違法かそうでないかという論点は非常に難しく今のところは現段階では曖昧なグレーゾーンであるという回答が多いことが特徴です。 危険な犯罪として成立してしまうとクレジットカードで購入した新幹線や飛行機のチケットを金券ショップで買取して貰う事は違法ではないのか、等と質屋の扱いも難しくなる状態なのです。 予定がキャンセルになってしまってこのような行為をしたことがあるという方や安く標準以上に買取をしてもらった事があるという方は少なくないのではないでしょうか。 実際に犯罪として取り上げられた業者も少なく、あまり新聞やメディアを話題として賑わせているわけでもありません。 それでも近年では関東の主要駅では木製の看板を持っている単発のアルバイトの方を駅前で見掛ける事や、クレジットカード現金化店舗を見かけることができますのでほったらかしになってしまっている状態であるとも言えます。 ほとんどの方がこのシステムを理解している上で利用しているので、後日に騙しがあっても素直にクレームが出にくい事も理由の一つなのではないでしょうか。 消費者庁は購入する商品が社会的に価値のない詐欺という事を前面に押し出していますが、ユーザーはシルバーアクセサリーなどを購入したいわけではなく現金に困っているのです。 ですからこの点は別に気にしていない、それ自体に価値を求めていないお客様がほとんどです。 支払日や入金日に間に合わせたい、緊急事態に対応したいという方がほとんどで半信半疑の場合や少しでも不信感を抱いている方は危険なので使わない方がよいのではないでしょうか。 業者側も後で厳しいクレームが出て目を付けられたり、大腕を振ってクレジットカード現金化の営業ができなくなってしまうと困るので実際は非常に丁寧な接客のサービスを行っています。 それ以外には誰にも知られたくない、荷物が届く時間などを気にされている方はいらっしゃいます。 会社の同僚やご近所様等の誰かにばれたりしてしまう事や家族などに知られては困るというケースは頻繁に見かけます。 近年では旦那様に内緒で海外のルイヴィトンやエルメス、プラダなどの一流ブランド品のバッグや時計などを購入してしまった、英会話スクールやお料理教室などの塾や習い事の月謝などを使ってしまったり、パチンコやスロットなどで負けてしまった際の家計の埋め合わせなどにも重宝されています。

クレジットカード現金化詐欺の口コミ


換金率はホームページ記載と実際では異なるクレジットカード現金化詐欺

このページの先頭へ