業者が意図的に電話連絡しないことは基本的にはあり得ません

ホームページ上からクレジットカード現金化で申込すると、通常は営業時間内でしたら遅くても1時間以内に対応をしますので、在籍確認の電話は不要です。 混雑のピークなどでは、捌ききれなかったりすることで2時間くらい掛かることはあったとしても、半日以上遅れるのは詐欺ではなく単純なミスで忘れているか、既に着信があったかのどちらかです。 意図的に電話連絡なしというのは業者に何もプラスにならないので、怪しいで疑っている方も多いと思いますが、現実としてはあり得ないことになります。 もしかしたら、個人情報だけ利用されて、後々に怖い目に遭うのではと、やはり心配するかと思いますが大丈夫です。 今一度確認して欲しいのが、「申込時に番号の記述ミスが無かったか」「既に他の番号で着信が無かったか」です。 こうした申込者が多い口コミで人気のクレジットカード現金化の業者では、対応しているプロのオペレーターが複数人なのです。 一度申込まれたお客様に確認を取る際にホームページのフリーダイヤル以外を使用する場合もあり、電話なしと勿体ないですが勘違いされやすいです。

怪しいと思うだけでは始まらないのでこちらから電話連絡してみよう

前述でも触れましたが、週初めの曜日や時間帯によっては集中しクレジットカード現金化が混雑する場合もあって、既存のスタッフの人数では忙しく時間内に対応しきれてないこともあります。 基本的には30分を過ぎても相手から電話連絡なしのようでしたら、申込者から記載のフリーダイヤルに掛けてフォームから内容が届いているか念のために確認してみましょう。 当日に最大限で換金して貰える営業時間については、現在の顧客数により割と変動することもあるので既に業務終了してたり、まだ何も特には開始してない場合もありますが怪しく思えますが本当は詐欺ではございません。 また、午前中は深夜の時間外に専用フォームからクレジットカード現金化を申込まれた何人もの方に順次繋いで行っているので忙しいこともあります。

ホームページのフリーダイヤル以外から電話を掛けることもあります

クレジットカード現金化の業者では申し込みが入った後に専用のフリーダイヤル以外でお客様へ確認で連絡することもあるので、知らない番号全部を事前に着信拒否していると繋がらないケースもあります。 業者によっては固定電話番号だったり携帯だったりするので、必ずしも0120のフリーダイヤルだけではないかもしれませんので、一時的に着信が可能な状態にしておくようにしましょう。 何時間も電話連絡なしのクレジットカード現金化は素性が分からなく怪しいという口コミの書き込みもありますが、多くの場合は業者は即座に掛けているのに気づいてもらえないという状態のようです。 消費者金融の返済の催促電話が多く着信拒否にしている場合など、知らない番号に出ることを警戒する人が多いようです。

連絡が付かなく急いでいる場合の対処方法

電話なしは無かったことにして諦めて信用できそうな大手の取引業者に気を取り直して変えるのが一番手っ取り早いです。 一度、要領を得ているリピーターではなく、新規の方なら無責任な口コミに頼りすぎて幅を広げて一カ所に拘る必要性もありません。 よりスムーズにクレジットカード現金化の手続きをしてくれる他社で申込んでみて入金までの待機が早い方を選択すれば良い訳です。 利用しなかった業者から後で記入した携帯に電話連絡が密かにあった場合は、「時間が無かったので別のところでお願いした」と勇気をもってお断りすれば大丈夫です。 これで後で嫌がらせや勧誘など不都合なショッピング枠詐欺が起きる心配も特にありません。 勤め先への電話は不要で最後まで手続きを進められます。

クレジットカード現金化詐欺の口コミ


換金率はホームページ記載と実際では異なるクレジットカード現金化詐欺

このページの先頭へ